アニメーターになるにはどうすればいいのか

人気の職業のアニメーターですが、いったいどのようにしたらなれるのでしょう。アニメーターになるために必要な資格や学歴は一切ありません。必要なのは絵が好きで情熱があることです。しかし、実際はある程度の画力が要求されます。そして、仕事として発注者の意図に沿ったものを描ける理解力と知識が必要になります。未経験者を採用するアニメ関連会社もありますが、学校に行き必要な技術を学ぶことが一般的です。アニメーターを目指せる学校は、専門学校だけではなく、大学や短大にもアニメーション関連の学科を置くところがあります。どの学校に入るかは、学校の特徴をよく調べ自分にあった学校を選ぶと良いでしょう。しかし、学校に通わずに独学でアニメーターを目指す方法もあります。どちらの場合も、自分の作品集を用意しておきましょう。チャンスがあればいつでも見せられるように常に描き続けます。

アニメーターの魅力的な仕事内容

アニメの製作にはプロデューサー、監督、脚本といろいろな人が関わってきます。勿論その中で重要な役割がアニメーションの絵を担当するアニメーターです。アニメーターの仕事は、動画担当から原画担当そして作画監督と昇格していきます。まず初めに任されるのは、動画担当です。動画は原画と原画の間を埋めて、アニメーションが自然に見えるよう完成させていきます。次に原画担当ですが、これはアニメの中でキーポイントとなる絵を描いていきます。ラフに描かれて絵コンテから始まり、カメラアングルやキャラクターの配置、背景決定を行います。そして、同じ作品の中に、原画担当と動画担当が複数いる場合もあります。その時、どうしても個々の力量や癖なので違和感が発生してしまいます。その最終チェックをし、微調整を行う人が作画監督です。

アニメーターの仕事の給料事情について

そして気になってくるのは、給料ですね。基本的にアニメーターの仕事はフリーランスで働いている方がほとんどです。たとえ会社に所属していたとしても、雇用形態が正社員や契約社員でない限り月給としてもらえることはなく、完全歩合制です。動画は一枚200円前後、原画は一枚2000円前後となります。その為、まとまったお金にするためには絵を大量に描く必要があります。しかし、限界はあるので、アニメーターになったばかりの人は、月収が数万円というのが現状です。しかし、アニメーターの仕事は絵の上手な人には、いろいろな所から仕事の依頼がきます。歩合制に加えて作成期間に拘束される料金も上乗せされることもあり、そうなってくると年収1000万円以上のカリスマアニメーターになる事ができます。その為にも、日々の練習、そして情熱を絶やさず描き続けることが必要です。