アニメーターの給料体系について

日本のアニメは、国内外で高い評価を得ています。そんなアニメの制作に携わっている人たちのことを、アニメーターと言います。世の中に夢や希望、楽しさを提供し、社会に大きな影響を与えることにもなるアニメーターの仕事に憧れる人は多くいます。そこで気になるのがアニメーターの給料体系です。アニメーターはフリーランスが主流です。そのため、その給料は歩合制となっています。多く働けば多く稼ぐことは出来ますが、新人の頃はあまりたくさん働くことも難しいため、低所得になりがちです。業界全体の平均年収は333万円ほどで、20代の新人アニメーターであれば、平均年収110万円という調査結果が出ています。研鑽を積んで、請け負う仕事や単価が上がっていくことで年収を上げることができる世界です。極めることができれば、年収1000万円以上稼ぐことのできる夢のある職業、それがアニメーターです。

アニメーターは厳しいけれど夢のある仕事

アニメ作成は、企画・脚本・作画・仕上げなどの工程を経て行います。その中でアニメーターと称されるのは、主に絵を描く仕事をする作画担当です。作画には、核となる絵が描かれている原画と原画同士をつなげるコマの動画があります。原画と動画は、担当がそれぞれ決まっています。新人のアニメーターは、動画部分から担当します。原画と原画がなめらかにつながるように指定された枚数の絵を描きます。作画は1枚ずつ単価が決まっていて、動画は150円から250円、原画は2000円から2500円くらいが相場と言われています。新人の内はこなせる仕事量が少なく、単価も低いため、他のアルバイトと掛け持ちしているケースも多いです。厳しい労働環境と言えますが、夢と情熱を持った人たちが多く集まる仕事です。作画担当以外に、脚本や監督など、他の製作工程の仕事も含めてアニメーターと呼ぶこともあります。

アニメーターは画力と忍耐力が必要

アニメーターの仕事は、TVや映画、ゲーム、CMなどさまざまなジャンルで必要とされています。企画や脚本に沿った絵を描かなければなりません。アニメーターは、絵が上手いことは大前提ですが、デッサン力やレイアウト力などさまざまなスキルが必要となります。そのため、美術大学や専門学校などでアニメーションの基礎を学ぶことが近道です。また、最近はCGなどを駆使して作画をする機会も増えていますので、CG作成のパソコンツールを使いこなせるスキルを身につけておくと、仕事の幅が広がります。学校を卒業後に、アニメーション制作会社やスタジオに作画担当として就職し、経験を積み、フリーになる人が多いと言われています。1枚1枚丁寧に細かい作業を積み重ねていくアニメーターの仕事には、画力以外に忍耐力も必要です。